社会人だけど未成年な場合はキャッシングを利用できるのか?

キャッシングとは、現金を借り入れできるサービスを指します。

お金が必要な時に頼りになる、心強い存在です。

しかしながらキャッシングは誰でも借入できるわけではなく、様々な基準をクリアする必要があります。

その1つの基準が年齢制限です。

未成年者の社会人は、働きだしたばかりでお金が足りない、給料がまだ低く生活が苦しい、こんな風に悩んでいる方も多くいます。

しかしキャッシングの年齢制限に引っ掛かりそうで、キャッシングが利用できないと不安を抱えている方も多くいるはずです。

この記事では未成年の社会人がキャッシングを利用できるのか、キャッシングの年齢制限とは何か、詳しく解説します。

社会人だけど未成年という方、ぜひ参考にしてみて下さい。

①社会人の未成年はキャッシングを利用できるのか
②キャッシングの年齢制限とは何か
③キャッシングに年齢制限がある理由

社会人の未成年はキャッシングを利用できる?

社会人の未成年はキャッシングを利用できるのか、結論からいうと「難しい」です。

多くのキャッシング業者は、年齢制限を設けています。

アイフル20歳~69歳
プロミス18歳以上74歳以下 ※1
SMBCモビット20歳~74歳以下 ※1
三井住友カードのカードローン20歳~69歳

※1.収入が年金のみの場合申込不可※

上記に挙げたキャッシング業者以外も、上限年齢にこそバラつきがありますが、下限年齢は20歳としているところがほとんどです。

社会人で企業に就職して安定した収入があったとしても、年齢が20歳未満の場合、キャッシングを利用することは難しいといえます。

※プロミスについて申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須

・高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込不可

社会人で安定収入があっても、未成年者がキャッシングを利用することは難しいです。

なぜキャッシングに年齢制限があるの?

現在の日本の法律では未成年者が親の同意なしで行った契約は、取り消しできると定められています。

例えば未成年者がキャッシングでお金を借りても、親権者がキャッシングの契約を無効にした場合はお金を返却する必要が無くなる可能性が高いのです。

このように契約を破棄されると、キャッシング業者はお金を回収できずに貸し倒れとなってしまいます。

この貸し倒れのリスクを回避するために、未成年者にはキャッシングを提供しないように、各キャッシング業者は年齢制限を設けているのです。

貸し倒れのリスクを回避するため、年齢制限が設けられています。

社会人の未成年がお金を借りる方法

社会人の未成年者は、キャッシングでお金を借りることは難しいです。

しかしどうしてもお金が必要といった場合、キャッシング以外にも方法はあります。

  • 目的型ローンを組む
  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する

社会人の未成年者が、お金を借りる方法を紹介します。

目的型ローンを組む

住宅ローンや事業ローンといった、使用目的が決まっているローンを「目的型ローン」と呼びます。

目的型ローンで代表的な「マイカーローン」であれば、18歳以上が組める者も見つけられるでしょう。

しかし目的型ローンは、使用用途が比較的自由なキャッシングに比べて使用に制限が生まれてしまいます。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードであれば、18歳以上で発行できるものが多いです。

ただし親権者の同意が必要な場合がほとんどのため、親に強力を仰ぐ必要があります。

クレジットカードは種類によって、キャッシング枠が付帯しているものがあります。

そういったクレジットカードを発行できれば、社会人の未成年者もキャッシングが利用可能です。

まとめ

● 社会人だけど未成年の場合、キャッシングを利用するのは難しい
● キャッシングの年齢制限は、貸し倒れのリスクを回避するための措置
● 未成年者は目的型ローンやクレジットカードのキャッシング枠を利用すると良い

社会人だけど未成年という場合、消費者金融や銀行カードローンのキャッシングサービスを利用することは難しいといえます。

これは各キャッシング業者が年齢制限を設けていて、そのほとんどが対象年齢を20歳からとしているためです。

20歳未満の未成年者は、法律によって守られています。

そのため親の同意なしで行った契約は破棄される可能性があり、キャッシング業者としては未成年者は貸し倒れのリスクの高い存在です。

社会人で安定した収入があってもキャッシングの利用は難しいため、目的型ローンやクレジットカードを利用してお金を借りることをおすすめします。