キャッシングのリボ払いとは?契約時や返済時の注意点

クレジットカードの支払いで有名な「リボ払い」。

実はキャッシングの支払いにも利用できることを、ご存じでしょうか?

リボ払いは毎月の支払い金を一定額にすることができる、支払い方法です。

1度に返済することが困難な時など、負担軽減に役立ちます。

この記事ではキャッシングのリボ払いとは何か契約時や返済時の注意点について、詳しく解説します。

①キャッシングのリボ払いについて知る
②キャッシングリボ払いの種類をチェック
③契約時や返済時の注意点を確認しておく

キャッシングのリボ払いとは?

キャッシングのリボ払いとはキャッシング=現金の借入に対し、一定額を毎月返す返済方法を指します。

キャッシングの利用額が大きくなっても一括で返済しなくて済むため、返済の負担を軽減させることが可能です。

キャッシングのリボ払いとは現金の借入に対し、一定額を毎月返す返済方法です。

キャッシングのリボ払いの注意点

キャッシングのリボ払いには、4つの支払い方法があります。

  • 残高スライド方式
  • 元金定額方式
  • 元利定額方式
  • 定率方式

支払い方法によって毎月の返済額や総返済額が異なってきます。

そのため、キャッシングのリボ払い契約時に注意が必要です。

キャッシングのリボ払いは、支払い方法によって返済額が異なるため注意が必要です。

残高スライド方式

残高スライド方式は借金の残高に応じて、毎月の支払額がスライド(変動)していく支払い方式です。

借金の残高が減ると、自動的に毎月の返済額も減るような設計となっています。

一方追加で借入を行った場合、毎月の返済額は増えることになります。

この毎月の支払額はキャッシング業者によって自動的に決定されるため、債務者は一切管理する必要はありません。

しかし現在の借金総額を管理していないと、思ったよりも支払いが増えるといったことがあるため注意が必要です。

元金定額方式

元金定額方式は元金は一定額の支払いで、利息分のみ借金の残高に応じて変動する支払い方式です。

例えば毎月元金を1万円返済すると決めてあると、毎月の支払額は「1万円+(変動する)利息分」となります。

借金総額が多ければ利息分の負担が増え、返済が苦しくなる可能性がある支払い方法です。

しかし着実に元金が減らせるため、最終的に毎月の負担は減っていくような設計となっています。

元利定額方式

元利定額方式は元金と利息を合わせた総額が、毎月一定額になるように支払う方式です。

例えば毎月1万円返済すると決めると、借金の総額に関わらず、毎月の支払いは1万円のみとなります。

元利定額方式は、毎月の支払額が固定であるため、返済額が管理しやすいです。

しかし元金の減りが緩やかで、借金返済までの道のりが長くなってしまいます。

また利息があまりにも膨らんでいる場合、毎月返済していても元金が全く減っていない、という事態も考えられます。

定率方式

定率方式は借金の残高の内、毎月一定の割合で返済していく方式です。

例えば残高10万円で、毎月10%を返済すると決めたとします。

1ヶ月目の支払いは1万円、2ヶ月目の支払いは9千円、というようになります。

定率方式はその中でも利息分を追加するかしないかで、元金定額方式と元利定額方式に分かれます。

また定率方式は、毎月同じ割合で借金を返済していくため、返済が長期間にわたってしまう場合が多いです。

キャッシングリボ払いの支払い方法のまとめ

4つの支払い方式について、メリット・デメリットをまとめています。

キャッシングリボ払いの契約時に、参考にしてみて下さい。

メリットデメリット
残高スライド方式・借金の残高が減ると、返済額が減る・追加で借入すると、返済額が増える
元金定額方式・元金が着実に減っていくため、返済総額を抑えられる・利息分の返済額が一定ではない
・借金の残高が多い場合、返済の負担が大きい
元利定額方式・毎月の返済額が一定で、お金を管理しやすい・元金が減りにくく、返済が長引く傾向にある
定率方式・借金の残高が減ると、返済額が減る・元金が減りにくく、返済が長引く傾向にある
・返済額が変動するため、お金の管理がしにくい

まとめ

● キャッシングのリボ払いとは現金の借入に対し、一定額を毎月返す返済方法
● キャッシングのリボ払いには4つの支払い方法がある
● それぞれの支払い方法に特徴があるため、契約時に注意が必要

キャッシングのリボ払いとは現金の借入に対し、一定額を毎月返す返済方法です。

借入金を一括で返済する必要がないため、返済に対する負担を減らすことができます。

キャッシングのリボ払いには、4つの支払い方法があります。

それぞれ毎月の返済額や最終的な返済総額に違いがあるため、契約時にはどの支払い方法であるか注意が必要です。