キャッシングの審査の前に準備すべき書類やモノとは?

「キャッシングを申し込むのに何も準備していない」そんな人もいるのではないでしょうか。キャッシングの審査に通過するためには、事前準備が重要です。あらかじめ準備しておくことでスムーズに申し込めるほか、申し込み時に慌てずにすみます。

この記事では、キャッシングの審査の際に準備すべき書類やモノについて詳しく解説します。申し込み前にチェックしてみてください。

①キャッシングの審査には本人確認書類が必要
②収入証明書が必要な場合もある
③キャッシングの手順をおさらい

キャッシングの審査の前に用意しておくべき書類とは?

キャッシングの審査に必要なものは、本人確認書類です。本人確認書類として、以下のようなものが求められる場合が多いです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

上記のいずれか1点を用意すればいい場合が多いです。比較的用意しやすいものが多く、用意するのに困る人は少ないのではないでしょうか。

また「50万円以上の借り入れ」や「他社との借り入れを合わせて100万円以上の借り入れ」を希望する場合は、本人確認書類のほかに収入証明書も用意する必要があります。収入証明書として当てはまるものに、以下のようなものが挙げられます。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書
  • 賞与明細書

収入証明書は本人確認書類とは異なり、すぐに用意することが難しい場合があります。提出条件に当てはまる場合は、あらかじめ書類を準備しておくと安心です。

キャッシングの審査の前に、本人確認書類を用意しておきましょう。提出条件に当てはまる場合は、収入証明書を用意しておくと安心です。

キャッシングの流れとは?

申し込みから融資までの、キャッシングの流れを紹介します。

  1. キャッシングの申し込み
  2. コンピュータによる仮審査の実施
  3. 仮審査通過後、必要書類を提出
  4. 必要書類などの情報を元に本審査の実施
  5. 本審査通過後、契約を結ぶ
  6. 借入限度額内で融資を受ける

本人確認書類や収入証明書といった必要書類は仮審査通過後、本審査開始前に提出します。本審査では提出した書類を元に、申込者の返済能力や信用力が審査されます。

仮審査はキャッシング業者の審査基準にしたがって、コンピュータによって機械的に行われます。そのため仮審査時間は非常に短く、本審査まで時間はほとんどかかりません。そのため、申し込み前に必要書類を用意しておくことをおすすめします。

必要書類は仮審査通過後、本審査開始前に提出します。仮審査と本審査の間の時間は短いため、キャッシングの申し込み前に必要書類を用意しておくことをおすすめします。

必要書類を提出する際の注意点

本人確認書類を提出する際、有効期限に注意しましょう。有効期限が切れていた場合、本人確認提出書類として認められない可能性があります。

また、本人確認書類に記載された住所が現住所と異なる場合や、書類に現住所の記載が無い場合は注意が必要です。必要書類として認められない場合や、公共料金の領収書や住民票の写しの提出が求められる場合があるためです。

本人確認書類を提出する際は、有効期限内であることを確認しましょう。記載された住所が現住所と異なる場合や、書類に現住所の記載が無い場合は追加の書類提出が求められる場合があります。

まとめ

・キャッシングの審査には本人確認書類が必要
・場合によっては収入証明書の提出が求められる
・必要書類はキャッシングの申し込み前に準備しておくと安心

キャッシングの審査には、本人確認書類が必要です。「50万円以上の借り入れ」や「他社との借り入れを合わせて100万円以上の借り入れ」を希望する場合は、収入証明書の提出が求められる可能性があります。

必要書類は仮審査通過後、本審査前に提出します。仮審査と本審査の間隔は短いため、キャッシングの申し込み前に準備しておくと安心です。

必要書類提出前に、本人確認書類を提出する前に、有効期限内であることを確認しておきましょう。また記載された住所が現住所と異なる場合や、書類に現住所の記載が無い場合は注意が必要です。追加の書類提出が求められる場合があります。