キャッシングの審査がなかなか通らない原因とは?

「キャッシングの審査に通りたい」そんなふうに考える人は多いです。確かに審査に通らなければ融資も受けられないため、審査に落ちるかもしれないと考えると不安になってしまいますよね。

そこで今回は、キャッシングの審査に通らない原因について詳しく解説します。審査に通らない原因を避けて、審査に申し込むようにしましょう。

①一般的に審査に通らない原因をされるものはいくつかある
②キャッシングの審査に通らない原因を知る
③原因を避けて審査に申し込む

キャッシングの審査に通らない原因とは?

キャッシングの審査は、各キャッシング業者の審査基準に基づいて行われます。そしてその審査基準は公表されていないため「これを避ければ必ず審査に受かる」という基準はありません。

しかし一般的にいわれている、キャッシングの審査に通らない原因はいくつかあります。

  • 金融ブラックである
  • すでに多くの借入をしている
  • 安定した収入がない
  • 在籍確認ができなかった
  • 短期間で複数のキャッシングに申し込んだ

それぞれの原因について、詳しく解説します。

金融ブラックである

金融ブラックであると、審査におちる可能性が高まってしまいます。金融ブラックとは、信用情報に傷がついている人を指す言葉です。信用情報とは個人の金融取引に関する情報が記録されたもので、キャッシングの審査時に必ず参照されます。

信用情報に傷がつく原因は、いくつかあります。クレジットカードや携帯の支払いを滞納していたり自己破産したりすると信用情報に傷がつくため、普段から気を付けることが重要です。

信用情報は情報開示の申請をすることで確認できます。過去に金融事故を起こした覚えがある人は、キャッシングの申し込み前に確認してみるといいでしょう。

キャッシングの審査に通らない原因として、一般的にいわれている項目は5つあります。

すでに多くの借入をしている

他社からすでに多くの借入をしている場合は、審査でマイナスの印象を与える可能性があります。他社からの借り入れ情報は信用情報に記録されるため、審査の時に参照されます。そして他社からの借入が多いと「お金に困っている人」と判断される場合があるのです。

他社から多くの借入をしている場合は、キャッシングの申し込み前に返済しておくことをおすすめします。審査に落ちる可能性が減るほか、融資額を高くしてもらえる可能性があります。

安定した収入がない

安定した収入がないと判断された場合は、必ず審査に落ちてしまいます。キャッシング業者は融資条件として「安定した収入がある人」と設定しているため、安定した収入がないと、条件に該当せず融資が受けられないのです。

ほかにも年齢制限など、キャッシング業者によって融資の条件は異なります。申し込み前に条件を確認しておくようにしましょう。

在籍確認ができなかった

在籍確認ができないと、審査に落ちてしまいます。在籍確認とは申込者が実際に職場で働いていることを確認する作業で、キャッシングの審査の一環として必ず行われます。

在籍確認はほとんどの場合、電話で行われます。電話での在籍確認が難しい場合は、書類での確認に切り替えてくれるキャッシング業者もあります。あらかじめ相談してみるといいかもしれません。

短期間で複数のキャッシングに申し込んだ

短期間で複数のキャッシングに申し込んだ場合、審査で不利になる可能性があります。キャッシングの申し込み履歴は信用情報に記録され、審査の際に参照されます。そして複数の申し込みがあった場合「複数のキャッシングに申し込むほどお金に困っている」と判断され、審査に落ちる場合があるのです。

これらの理由から多くても数社、できれば1社に厳選してキャッシングを申し込むことをおすすめします。

まとめ

・キャッシングの審査に通らない原因として、一般的にいわれている項目は5つ
・原因は、金融ブラック・多くの借入がある・安定した収入がない・在籍確認ができない・複数キャッシングに申し込んだことが挙げられる
・審査に落ちる原因を避けて申し込むことがポイント

キャッシングの審査基準は、キャッシング業者によって異なります。一般的に審査に落ちる原因とされることは、金融ブラック・多くの借入がある・安定した収入がない・在籍確認ができない・複数キャッシングに申し込んだ、の5項目です。

これらの5つの原因を避けて、キャッシングの申し込みをすることがポイントです。