キャッシングの審査に通るコツとは?具体的なノウハウを解説

「どうしてもキャッシングの審査に通りたい」そのように考える人は多いです。キャッシングを利用するためにも、どうしても審査に通りたいですよね。

そこで今回は、キャッシングの審査に通るコツを紹介します。キャッシングの申し込み前に読んで、参考にしてみてください。

①キャッシングの審査に通るコツを知る
②金融事故を起こさないように気を付ける
③複数業者への申し込みは控える

キャッシングの審査に通るコツ

キャッシングの審査に通るコツを6つ紹介します。

  • 申し込みは正確に記載する
  • 金融事故を起こさない
  • 属性情報を高める
  • 借入希望額を低めに記入する
  • 他社からの借り入れを返しておく
  • 複数業者への申し込みを割ける

キャッシングの審査に通るコツは6つあります。コツを押さえて、審査に通過する確率を上げましょう。

申し込みは正確に記載する

申込内容は正確に記載するようにしましょう。申込内容に間違いがあると内容を確認しなければならないため、審査に時間がかかってしまいます。もしも「虚偽の内容がある」と判断された場合、審査に落ちる可能性もあります。

そのため申し込み前に記載内容を見直して、間違いがないことを確認します。もちろん虚偽の内容は、絶対に記載してはいけません。

金融事故を起こさない

返済の滞納や自己破産といった、金融事故を起こさないように日ごろから気を付けておきましょう。金融事故は信用情報に記録されていて、キャッシングの審査時に必ず確認されます。金融事故があると審査にマイナスの影響がでるため、注意が必要です。

金融事故は、一定の時間が経つと信用情報から消去されます。過去に金融事故を起こした覚えがある人は、情報開示をして自身の信用情報を確認してみるといいでしょう。

属性情報を高める

属性情報を高めておくことで、審査に通る確率を増やせます。属性情報とは、職業や年収といった申込者の個人情報のことです。

勤続年数を伸ばしたり年収を上げたり、属性情報を高める方法はいくつかあります。急に属性情報を高めることは難しいため、普段から意識しておくことがポイントです。

借入希望額を低めに記入する

一般的に借入希望額が低いほうが、審査に通りやすくなるといわれています。借入希望額が高ければ高いほど、厳しく審査が行われる傾向にあるためです。

また、借入希望額を記入する際は「総量規制」も意識しましょう。総量規制とは、借り入れを「年収の3分の1まで」と定めるものです。例えば年収300万円の人は100万円を超える借り入れができないため、借入希望額を記載する際は年収の3分の1を超えないように気を付けてください。

他社からの借り入れを返しておく

申し込み前に、他社からの借り入れを返しておくこともポイントです。

他社からの借り入れは信用情報に記録されていて、審査時に参照されます。他社からの借り入れが多いと「お金に困っている」と判断され、マイナスの影響を与えることがあります。一時的でもいいため、できる限り返済しておくといいでしょう。

複数業者への申し込みを割ける

複数業者への申し込みは、審査にマイナスの影響を与えるため危険です。キャッシングの申し込み履歴は信用情報に記録され、審査の際に参照されます。そこで複数業者に申し込みをしていると「お金に困っている」と判断され、審査で不利になってしまう可能性があるのです。

申し込むキャッシング業者は厳選して、できれば1社まで絞り込むようにしましょう。もし複数の業者を利用したい場合は、半年ほど間隔をあけて申し込むと安心です。

まとめ

・キャッシングの審査に通るコツは6つある
・コツを押さえて審査に通過する確率を上げる
・完璧にコツを押さえなくてもいいため、できることをしておくことが重要

キャッシングの審査に通るコツは、正確に申込内容を記載する・金融事故を起こさない・属性情報を高める・借入希望額を低めに記載する・他社からの借り入れを減らす・複数業者への申し込みを割ける、の6つです。

全て完璧にこなさなくてもいいですが、できる限り対策をしておくことが重要です。記事を参考にコツを押さえ、審査に通る確率を上げましょう。