キャッシングとは?意味やカードローンとの違い

キャッシングとカードローン、違う意味を持つことをご存じでしょうか。

キャッシングとカードローンは似たような言葉として、混同して話されることも多々あります。

しかしこの2つの言葉には明確な違いがあり、実は全く違う意味を持つのです。

この記事では、キャッシングとは何かその意味やカードローンとの違いについて、詳しく解説します。

この記事を読んで、キャッシングとカードローンの違いについて、理解を深めてみて下さい。

①キャッシングとは何か
②カードローンとは何か
③キャッシングとカードローンの違いをチェック

キャッシングってどんな意味があるの?

キャッシングとは「現金が借りられるサービスの総称」を指します。

お金が足りず困った時に、必要なお金が借りられる便利なサービスです。

キャッシングには、大きく分けて2つのサービスがあります。

  • カードローン
  • クレジットカード付帯のキャッシング

一般的にクレジットカード付帯のキャッシングを略して「キャッシング」と称することが多いです。

そのため、この記事内でも今後は「クレジットカード付帯のキャッシング」を「キャッシング」と定義することにします。

キャッシングとは「現金が借りられるサービス」の総称です。しかし一般的には「クレジットカード付帯のキャッシング」を「キャッシング」と呼ぶことが多くあります。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンは、しばしば混同されることがあります。

どちらも現金が借りられるサービスであることに変わりはありませんが、そこには明確な違いがあります。

キャッシングとカードローンの違いについて、詳しく解説していきます。

クレジットカード付帯のキャッシングの特徴

クレジットカード付帯のキャッシング、通称キャッシングとは、クレジットカードに付いているキャッシング枠を指します。

キャッシング枠が付いたクレジットカードは、ショッピングや支払いの他に、現金が引き出せる非常に便利なものです。

クレジットカード付帯のキャッシングの特徴は、以下のようなものがあります。

  • ショッピングと借入がどちらもできる
  • キャッシング金利はやや高め
  • 融資のための審査が緩め
  • クレジットカードによっては、未成年でもキャッシングができる

クレジットカード付帯のキャッシングは気軽に発行ができ、比較的簡単にキャッシングが可能です。

そのため「緊急で借入れる必要ないけど、お金が必要になったらキャッシングできたら便利」というようなライトユーザーにおすすめとなっています。

カードローンの特徴

カードローンは、現金の借入専用のサービスです。

現金の借入と返済のみに使用できるカードが付与されるため、カードローンと呼ばれています。

カードローンの特徴は、以下の通りです。

  • 現金の借入専用
  • キャッシング金利はやや安め
  • 融資の為の審査が厳しい傾向にある
  • 20歳以上の安定した収入がある人だけが利用できる

カードローンは、審査が本格的な代わりに金利が安い等の特典があります。

そのため「まとまったお金が必要」「今すぐに現金が欲しい」といった、本格的に借入を行いたいユーザーにおすすめです。

クレジットカード付帯のキャッシングとカードローンの比較

クレジットカード付帯のキャッシングと、カードローンについて比較表を作成しました。

カードローンクレジットカード付帯のキャッシング
使用用途・現金の借入専用・ショッピング
・現金の借入
発行元・銀行
・消費者金融
・カードローン業者
・クレジットカード会社
キャッシング金利低い高い
キャッシング枠高額低額
審査やや厳しいやや緩い
借入方法・銀行ATM
・コンビニATM
・指定口座への振込
・無人ATMなど
・銀行ATM
・コンビニATMなど
返済方法・一括返済
・リボ払い
・繰上返済など
・一括返済
・リボ払い

クレジットカード付帯のキャッシングは、あくまでクレジットカードについているおまけの機能のような位置づけです。

そのためカードローンに比べて金利が高めに設定されていたり、返済方法に限りがあったりと、現金の借入としてはやや使い勝手が悪いように感じられます。

一方カードローンは、現金の借入専用の商品です。

そのためクレジットカード付帯のキャッシングと比べ金利が低く、借入できる範囲が広いなど、融資を受けやすいようになっています。

以上のことから、クレジットカード付帯のキャッシングは時々お金が必要になる方向けで、カードローンは本格的に借入を行いたい方向け、といえるでしょう。

まとめ

● キャッシングとは、現金を借りられるサービスの総称
● キャッシングには「カードローン」と「クレジットカード付帯のキャッシング」がある
● 「カードローン」と「クレジットカード付帯のキャッシング」は、おすすめユーザーが異なる

キャッシングとは、現金を借りられるサービスの総称です。

キャッシングは「カードローン」と「クレジットカード付帯のキャッシング」2つに分けられます。

どちらも現金が借りられますが、カードローンは本格的に融資を受けたい人、クレジットカード付帯のキャッシングは気軽に融資を受けたい人におすすめです。