キャッシングとカードローンの違いとは?自分に合った選び方のポイント

「お金が必要になった」そんなときに頼りになるのが、キャッシングとカードローンです。どちらも必要なときに現金が引き出せる便利なサービスですが、特徴が異なります。そのため、自分にあった方を選ぶことが重要です。

この記事では、キャッシングとカードローンの違い、自分に合った選び方のポイントについて解説します。

①キャッシングとカードローンの違い
②キャッシングが合っている人
③カードローンが合っている人

キャッシングとカードローンの違いとは?

キャッシングとカードローンの違いについて、それぞれの特徴を元に紹介します。

キャッシングとは?

キャッシングとは、クレジットカードに付帯しているキャッシングサービスを指します。キャッシングの特徴は、以下のとおりです。

  • クレジットカードに付帯していれば別途申し込む必要がない
  • 海外キャッシングできる場合が多い
  • 金利が高めに設定されている

元々キャッシングサービスが付帯されているクレジットカードであれば、キャッシングを別途申し込む必要がありません、わざわざ申し込む必要がなく、必要なときにすぐにお金が借りられます。

しかし金利が「15.00~18.00%」ほどと高めに設定されているため、長期間や高額の借入には向いていません。

カードローンとは?

カードローンとは借り入れ専用カードを使って、現金を借り入れるサービスです。消費者金融や銀行といった金融機関が、カードローンサービスを提供しています。カードローンの特徴は、以下のとおりです。

  • まとまったお金を借りられる
  • キャッシングに比べて金利が低い
  • 入会費や年会費が無料の場合が多い
  • 審査に時間がかかる

カードローンはクレジットカードのキャッシングに比べて、まとまったお金を借りられます。また金利も銀行系カードローンであれば「2.0%~15.0%」、消費者金融系カードローンであれば「3.0%~18.0%」ほどと、クレジットカードのキャッシングに比べて低めに設定されています。

しかし利用には「審査」が必ず必要です。申し込み日に融資してくれるキャッシング業者もありますが、時間がかかる場合もあるため注意が必要です。

キャッシングは金利が高めですが、利用のハードルが低いです。一方カードローンは金利が低めですが、審査に時間がかかる場合があります。

キャッシングとカードローンの選び方

キャッシングとカードローンの選び方について、それぞれの特徴を元に、向いているタイプ別に紹介します。

キャッシングが合っている人

キャッシングが合っている人は、以下のとおりです。

  • 少しだけお金が必要な人
  • 突発的にお金が必要になった人

現在持っているクレジットカードにキャッシング機能が付いていれば、すぐにお金を借り入れられます。借入もコンビニATMで手軽にできるため、突発的にお金が必要になった場合に便利です。しかし金利が高めのため、高額の借り入れはおすすめできません。

カードローンが合っている人

カードローンが合っている人は、以下のとおりです。

  • まとまったお金が必要な人
  • 長期間借入予定がある人

カードローンはキャッシングに比べて、高額の借り入れが可能です。借り入れの用途も問われないため、まとまったお金が必要な人におすすめです。またキャッシングに比べて金利が低く設定されているため、長期間の借入予定の人にも向いています。

キャッシングとカードローン、それぞれの特徴を把握して自分に合った方を選びましょう。

まとめ

・キャッシングはクレジットカードに元々付帯していることがある、金利が高いなどの特徴がある
・カードローンはまとまったお金を借りられる、金利が低いなどの特徴がある
・それぞれの特徴を知り自分にあった方を選ぶ

キャッシングは、クレジットカードに付帯しているキャッシングサービスを指します。クレジットカードに元々付帯していることも多く、その場合は別途申し込む必要がありません。しかし金利が高いといったデメリットがあります。

カードローンは、銀行や消費者金融が提供するカードを使った借入サービスを指します。金利は低めに設定されているものの、別途審査が必要です。

記事内ではキャッシングとカードローン、それぞれにおすすめなタイプを紹介しました。それぞれの特徴を知って、自分に合った方を選んでみてください。