消費者金融でお金を借りれない人の理由とは?

「消費者金融の審査に申し込んだけど、落ちてしまった」そんな経験のある方も多いのではないでしょうか。消費者金融の審査に落ちてしまうと、お金を借りれません。そのため、あらかじめ審査に落ちる理由を知っておいて、対策することが重要です。

この記事では、消費者記入でお金を借りれない人の理由や対処法について、詳しく解説します。

①消費者金融でお金を借りれないことはある?
②消費者金融でお金を借りれない人の理由とは?
③消費者金融でお金を借りるための対処法

消費者金融でお金を借りれない人の理由

消費者金融からお金を借りる場合、審査が行われます。この審査に落ちてしまうと、消費者金融からお金を借りれないのです。

審査の基準は、消費者金融によって異なります。その基準は公表されていませんが、一般的に審査に落ちるといわれている理由を4つ紹介します。

金融ブラックである

金融ブラックである場合、審査に落ちてしまってお金が借りれない可能性があります。金融ブラックとは以下に挙げるような金融事故が、信用情報に記載されている状態を指します。

  • 延滞
  • 代位弁済
  • 債務整理

延滞とありますが、これは数日の延滞であれば金融ブラックにはなりません。2~3ヶ月ほど支払わないことで、信用情報に金融事故として記載されます。

こういった信用情報は、消費者金融の審査の際に必ず参照されるものです。自己申告しなくても過去の金融事故はバレてしまうため、注意が必要です。

総量規制を超える借り入れを希望している

借入希望額に総量規制を超える金額を記載している場合、審査に落ちてお金が借りれない可能性があります。

消費者金融は借り手に対して、年収の3分の1を超える貸し付けを行えません。これは「総量規制」という法律で定められていて、消費者金融が違反した場合は処罰の対象となります。

そのため総量規制を超える借り入れを希望しても、審査に落とされてしまうのです。

在籍確認ができなかった

在籍確認ができなかった場合、審査に落ちてお金が借りれない可能性があります。在籍確認とは、申込者が実際に職場で働いていることを確認する作業です。消費者金融が審査の一環として行います。

先述した通り、消費者金融は「総量規制」の範囲内で貸し付けを行わなければなりません。そのため、安定した収入がない人には融資を行えないのです。

申込者の中には、偽の勤務先を記入して収入をごまかす人がいます。在籍確認を行うことで、そういった虚偽の申請を暴く目的があるのです。

複数の消費者金融に申し込んでいる

複数の消費者金融に短期間で申し込みを行っていると、審査に落ちてお金が借りれない可能性があります。この状態を「申し込みブラック」とも呼びます。

複数の消費者金融に申し込んでいると「お金に相当困っている」と判断される場合があります。そうすると返済能力を疑われてしまい、審査に落ちる材料となってしまうのです。

ほかの消費者金融に融資の申請を出していることは、信用情報に記載されています。自己申告しなくてもバレてしまうため「数うちゃ当たる」と考えて、複数業者に申し込むことはおすすめしません。

消費者金融の審査に落ちると、お金を借りれません。審査に落ちる理由を知って、審査落ちを回避しましょう。

消費者金融でお金を借りるための対処法

消費者金融でお金を借りれない理由に当てはまる人が、お金を借りるための対処法は以下のとおりです。

  • 情報開示手続きで金融ブラックか確認する
  • 借入希望額を少なめに記載する
  • 在籍確認対策を行っておく
  • 複数申し込む場合は期間をあける
  • あらかじめ簡易審査を行っておく

上記の中で特におすすめな方法は「あらかじめ簡易審査を行っておく」です。簡易審査とは、各消費者金融がホームページなどで公開している事前審査を指します。

年収や借入希望額、他社からの借り入れなどの情報を入力するだけで、10秒ほどで簡易の審査結果が表示されます。ここで落ちた場合は申し込む必要がないため、時間を無駄にせず他の消費者金融の申し込みに移れます。

消費者金融でお金を借りるための対処法はいくつかあります。おすすめは「あらかじめ簡易審査を行っておく」です。

まとめ

・消費者金融でお金を借りれない理由は、審査に落ちて融資が開始されないため
・審査に落ちる理由を知って、審査落ちを回避する
・審査落ちを回避するためにも、あらかじめ簡易審査を行っておくことがおすすめ

消費者金融でお金を借りれない理由は、審査に落ちてしまい融資が開始されないからです。そのため審査に落ちる理由を知って、審査落ちを回避することが重要です。記事の中では、審査に落ちるよくある理由を4つ紹介しました。

消費者金融でお金を借りるための対処法は、いくつかあります。あらかじめ簡易審査を行っておくことが、特におすすめです。