消費者金融のブラックリストに載ってしまう条件とは?注意したいポイント

「ブラックリスト」という単語に、聞き覚えのある方も多いはずです。消費者金融は融資の際に、個人の信用情報を照会します。この際に金融事故の情報があると、ブラックリストに載っていることとなり融資を受けられません。そのため、ブラックリストに載らないようにする必要があるのです。

この記事では、消費者金融のブラックリストに載ってしまう条件や、注意すべきポイントについて解説します。

①そもそもブラックリストとは?
②ブラックリストに載ってしまう条件は?
③ブラックリストに載らないように注意すべきポイントとは?

消費者金融のブラックリストとは?

まず初めに、消費者金融を含む金融機関において「ブラックリスト」という名簿はありません。しかし一般的な認識として、個人の信用情報に金融事故の情報が記載されている状態を、ブラックリストと呼ぶことはあります。

ブラックリスト、つまり信用情報に金融事故の情報があることで生じるデメリットは、以下のとおりです。

  • 新たな借り入れができない
  • クレジットカードが作れない
  • 保証人につけない

ブラックリストに載ることで、主にお金に関して様々な制限がかかってしまいます。いざというときに困らないためにも、ブラックリストに載らないことが重要です。

ブラックリストとは、個人の信用情報に金融事故の情報が記載されている状態を指します。

ブラックリストに載る条件

ブラックリストに載る主な条件を3つ、紹介します。

支払いの延滞

ブラックリストに載る条件1つ目は、支払いの延滞です。消費者金融から融資を受けると、毎月お金を返済していくことになります。そして毎月の返済が遅れることを延滞と呼びます。

支払いの延滞は、数日程度ではブラックリストにのりません。2、3ヶ月間ほど延滞をしていると、ブラックリストに載ってしまいます。

そのため、延滞はできる限り早めに解消することをおすすめします。

債務整理

ブラックリストに載る条件2つ目は、債務整理です。債務整理とは、どうしても返済ができなくなった場合に債務を整理して返済額を減らす措置を指します。

債務整理には、3つの方法があります。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理

上記のいずれかを行なった場合、ブラックリストに載ってしまいます。

代位弁済

ブラックリストに載る条件3つ目は、代位弁済です。代位弁済とは保証会社や保証人でない第三者が、債務者に代わって返済することを指します。

代位弁済は長い場合は契約終了後や完済から、5年ほど信用情報に残り続けます。

ブラックリストに載る主な条件は、支払いの延滞・債務整理・代位弁済の3つです。

ブラックリストに載らないために注意するポイント

先述したとおりブラックリストに載ることでデメリットが生じるため、ブラックリストに載るような行動を避けるようにしましょう。ブラックリストに載らないために、注意すべきポイントを2つ紹介します。

返済計画を立ててから借り入れる

注意するポイント1つ目は、返済計画を立ててから借り入れることです。返済計画を立てることで、返済が長期化することや借金が雪だるま式に膨れ上がることを防げます。

何のために借りて毎月何円返すか、いつまでに完済するのか、目的と期間を明確にせってします。何となく消費者金融からお金を借りている、そんな事態にならないように返済計画を立てておきましょう。

目的以外に借り入れ金を使わない

注意するポイント2つ目は、目的以外に借り入れ金を使わないことです。目的以外のお金を借り入れると、ずるずると借金が膨れ上がってしまう可能性があります。

消費者金融からの借り入れは、借入可能額の中であれば自由に融資を受けられます。それらは借金であることを忘れずに、自分を律することが重要です。

ブラックリストに載らないために注意するポイントは、返済計画を立てること・目的以外に借り入れ金を使わないことの2つです。

まとめ

・ブラックリストとは、信用情報に金融事故の情報がある状態を指す
・ブラックリストに載る主な条件は、支払いの延滞・債務整理・代位弁済の3つ
・ブラックリストに載らないために注意するポイントは、返済計画を立てること・目的以外に借り入れ金を使わないことの2つ

ブラックリストとは、信用情報に金融事故の情報がある状態を指します。信用情報に載る金融事故として、支払いの延滞・債務整理・代位弁済の3つが当てはまります。

ブラックリストに載ると、クレジットカードが作れなかったりローン契約できなかったりといった、デメリットが生じます。返済計画を立てること・目的以外に借り入れ金を使わないことの2つに注意することが、ブラックリストに載らないためのポイントです。