キャッシングの審査が不安!事前に準備・確認しておくべき事とは?

キャッシングには必ず審査が必要です。この審査に通るか不安で、キャッシングに中々申し込めないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、キャッシングの審査の流れや事前に必要な準備や確認事項について、詳しく解説します。

①キャッシングの申し込みの流れを確認
②審査前に準備しておくことは?
③審査前に確認しておくことは?

キャッシングの申し込みの流れ

キャッシングの申し込みの流れは、キャッシング業者によって異なります。ここでは、一般的な流れを紹介します。

  1. WEBや電話からキャッシングを申し込む
  2. 仮審査を実施(年齢、収入などの条件を確認)
  3. 仮審査結果の通知
  4. 必要書類を提出して本申込をする
  5. 本審査を実施(書類確認や在籍確認)
  6. 本審査結果の通知
  7. 契約・借入

上記で説明したように、審査は「仮審査」と「本審査」の2段階に分けて行われることが多いです。なお、仮審査に落ちた場合は本審査は行われません。

キャッシングの申し込みでは「仮審査」と「本審査」と2段階に分けて審査が行われることが多いです。

審査の前に準備しておくべきこと

審査の前に準備しておくべきことは「必要書類を揃える」ことです。

審査では、本人確認書類が必要となります。本人確認書類はキャッシング業者によって異なりますが、多くの場合は以下のような書類が必要です。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 保険証

また、「借入希望額が50万円を超える」か「他社を含めた借入総額が100万円を超える」場合、収入証明書も必要です。収入証明書として以下のものが当てはまる場合が多いです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

審査の前に必要書類を揃えておきましょう。

審査の前に確認しておくべきこと

審査の前に確認しておくべきことを紹介します。

在籍確認に備える

審査では、必ず在籍確認が実施されます。在籍確認とは申込者が働いていること、つまり安定した収入があることを確認するために行われるものです。

在籍確認の方法は「電話」と「書類」の2つあります。電話の場合、勤務先にキャッシング業者から電話がかかってきます。書類の場合、

この在籍確認が終わらない限り、融資を受けられません。そのため、在籍確認にあらかじめ備えておきましょう。

審査に通らない理由を知っておく

各キャッシング業者の審査の基準は明かされていませんが、いくつか審査に通らない理由が挙げられます。以下に当てはまる場合は注意が必要です。

  • キャッシングの条件に当てはまっていない
  • 過去に滞納や延滞をしたことがある
  • 総量規制を超える借入を希望している
  • 複数のキャッシングに申し込んでいる

「安定した収入がない」や「学生である」など、そもそもキャッシングの条件に当てはまっていない場合は審査に確実に落ちます。条件は必ず確認してから申し込むようにしましょう。

個人の信用情報は、キャッシング業者によって照会されます。そのため、過去に滞納や延滞をしたことがある場合は審査に通らない可能性があります。個人信用情報は自分で見られるため、心当たりがある方は確認してみるといいかもしれません。

また消費者金融のキャッシングで借り入れられる金額は、総量規制によって「年収の3分の1まで」と決められています。それ以上のお金は借りられないため、借入希望額を記載する際は注意してください。

ほかにも複数のキャッシングに短期間で申し込むと、審査に落ちる可能性があります。

キャッシングの審査の前に、在籍確認に備えることと審査に通らない理由を知っておくことがポイントです。

まとめ

・キャッシングでは仮審査と本審査の2つの審査がある
・審査の前に必要書類を用意しておく
・キャッシング前に在籍確認と審査に通らない理由を確認しておく

キャッシングには「仮審査」と「本審査」の2つの審査があります。両方の審査に通らなければ、キャッシングで融資は受けられません。

キャッシングの審査の前に準備しておくべきことは「必要書類を揃える」ことです。必要書類は本人確認書類と、場合によっては収入証明が必要となります。

審査の前に確認しておくべきことは、在籍確認方法と審査に通らない理由です。これらを知っておくことで、審査に落ちる可能性を減らせるかもしれません。