キャッシングの審査に影響する項目まとめ

「キャッシングの審査に落ちる理由を知りたい」そんな風に考えている人は多いです。各キャッシング業者によって審査の基準は異なります。そしてその基準は公表されていません。しかし一般的に言われている、審査に影響されている項目はいくつかあります。

この記事では、キャッシングの審査に影響すると言われている項目について、詳しく解説します。

①キャッシングの審査に影響する項目とは?
②キャッシングの審査に申し込む際の注意点
③キャッシングの審査に落ちたら?

キャッシングの審査に影響する項目

キャッシングの審査の基準は明かされていません。ここでは、あくまで一般的に審査に影響するとされている項目を紹介します。これらの項目を意識しつつ、審査に申し込んでみてください。

キャッシングの条件

キャッシングの条件に当てはまっていない場合、キャッシングの審査に落ちてしまいます。そのため、申し込み前に条件を確認しておくことが重要です。

キャッシングの条件は、各キャッシング業者によって異なります。よくある条件として、以下のものが挙げられます。

  • 安定した収入がある方
  • 20歳以上69歳以下の方
  • 学生でない方

個人信用情報

過去に滞納や延滞をしたことがある場合、審査に落ちる可能性があります。これらの過去の情報は、個人信用情報に金融事故として記録されています。この個人信用情報は、各キャッシング業者が審査の際に必ず照会するものです。

ここで注意すべきことは、過去の滞納や延滞はキャッシングに限ったものではないことです。携帯や車などの支払い状況も照会されるため、注意してください。

借入希望額

借入希望額も審査に影響を及ぼすとされています。キャッシングを申し込む際、借入希望額を提示します。それが多すぎると、審査に落ちる可能性があるのです。

消費者金融でのキャッシングには「総量規制」が適用されます。総量規制とは「融資していい金額は年収を3分の1まで」とする法律です。もし複数社から融資を受けていた場合、全てを合計した金額が総量規制の対象となります。

これを超える貸し付けを行った場合、キャッシング業者は処罰の対象になります。そのため厳しく審査されるのです。

在籍確認

キャッシングの審査では「在籍確認」が必ず行われます。在籍確認とは、申込者が企業に実際に在籍確認しているか確かめるためのものです。

在籍確認方法は「電話」もしくは「書類」で行われます。電話の場合、キャッシング業者から職場に電話があります。書類の場合、源泉徴収票や給与明細書といった、企業に勤めていることを証明する書類を提示します。

もし在籍確認が正しく行われなければ、キャッシングができません。自営業者や不動産収入で暮らしているなど事情がある場合は、あらかじめキャッシング業者に相談しておきましょう。

一般的に審査に影響するとされている項目として、キャッシングの条件・個人信用情報・借入希望額・在籍確認、が挙げられます。

キャッシングの審査に再度申し込む場合の注意点

審査に落ちてしまった場合、多くの人は再度キャッシングに申し込むことを考えると思います。その際に、注意すべき2つの点を紹介します。

審査に影響する項目をもう一度見直す

審査に落ちたときと同じ状況のまま再度審査に申し込んでも、落ちてしまう可能性が高いです。必ず落ちた原因を探って、改善してから申し込むようにしましょう。

また自身の個人信用情報を確認しておくこともおすすめです。過去の延滞や滞納情報は一定期間たてば個人信用情報から消えるため、信用情報開示制度を活用して確認しておきましょう。

複数キャッシング業者に短期間で同時に申し込むのはNG

審査に落ちるのが怖いからといって、複数のキャッシング業者に同時に申し込むことはやめましょう。キャッシングの申し込み情報も、個人信用情報に登録されます。

この情報も過去の支払い情報と同じく、審査の際に照会されます。何社も申し込んでいるとマイナスに響くため、複数のキャッシング業者に申し込む場合は一定の期間をあけることがおすすめです。

キャッシングに再度申し込む場合は、審査に影響する項目をもう一度見直す、複数キャッシング業者には同時に申し込まないことを意識してください。

まとめ

・キャッシングの審査に影響する項目を意識しつつ、審査に申し込む
・キャッシングの審査に再度申し込む際は、審査に影響する項目をもう一度見直す
・審査に落ちるのが怖いからといって、複数キャッシング業者に申し込むのはNG

キャッシングの審査基準は、公表されていません。しかし、一般的に審査に影響するとされている項目として、キャッシングの条件・個人信用情報・借入希望額・在籍確認の4つが挙げられます。キャッシングの審査に影響するとされる項目を意識しつつ、キャッシングに申し込んでみてください。

なお、キャッシングに再度申し込む際は、審査に影響する項目をもう一度見直す、複数キャッシング業者には同時に申し込まないことに注意することをおすすめします。