消費者金融の返済に遅れて返せない場合はどうすればいい?

「お金が足りなくなった」や「ついうっかりしていた」といった理由から、消費者金融の返済に遅れて返せない場合もあるでしょう。そんなときは返済を長引かせる前に、あらかじめ手をうっておくことが重要です。

この記事では、消費者金融の返済に遅れて返せない場合どうなるか、その対処法について解説します。

①消費者金融の返済に遅れるとどうなる?
②消費者金融の返済に遅れて返せない場合の対処法
③早めに対処するようにしましょう

消費者金融の返済に遅れたらどうなる?

消費者金融の返済に遅れた場合どうなるのか、3つの段階に分けて説明します。

  1. 延滞損害金が発生する
  2. 一括返済を要求される
  3. 差押えの強制執行をされる

延滞損害金が発生する

まずは、延滞損害金が発生します。延滞損害金とは、損害賠償金の一種で「遅延利息」や「延滞利息」とも呼ばれます。これは、返済を滞納したペナルティとして加算される利息です。そのため、通常の利息よりも高い金利が適用されます。

多くのキャッシング業者は、遅延損害金の金利を「20.0%」と設定しています。これは法律で設定できる金利の上限です。

遅延損害金は支払期日の翌日から加算されます。つまり支払期日までに返済ができなければ、翌日から「元金+利息+遅延損害金」を支払うことになってしまうのです。

一括返済を要求される

滞納から2週間~1ヶ月ほど経過すると、自宅に返済を催促する「督促状」が届きます。これを放置すると内容証明郵便による「催告書」が届く場合があります。

その督促状や催告書を無視していると「一括請求」されます。これは借金と遅延損害金を、全額返済するよう求めるものです。

差押えの強制執行をされる

一括請求も無視していると、裁判所から「支払督促」が届きます。支払督促が届いてから2週間以上放置すると、裁判所から「仮執行宣言付支払督促」が出されます。

ここまでいくと裁判所は強制執行、つまり給料などを差押えることが可能になるのです。差押さえられると、クレジットカードが使えなくなったり借金が勤務先にバレたり、様々な影響があります。そのため、差押え前に対処しておくことが重要です。

消費者金融の返済に遅れた場合、最終的に差押えの強制執行が行われる可能性があります。

消費者金融の返済に遅れて返せないときの対処法

消費者金融の返済に遅れて手遅れになる前に、あらかじめ消費者金融に相談しましょう。消費者金融への相談は、各キャッシング業者のコールセンター窓口や会員向けサイトから行えます。

どうしても返せないことを伝え、支払い方法や支払金額を返済してもらえるように交渉しましょう。また、少しだけでも返済できることを伝えれば、一括返済や差押えの強制執行を待ってもらえる可能性があります。

消費者金融の返済に遅れて返せないときは、早い段階で消費者金融に相談しましょう。

どうしても返せない場合は?

返済に遅れるどころか、どうしても返せない場合は債務整理を検討しましょう。債務整理とは借金の減額や支払いを免除することで、借金問題の解決を目指すものです。債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの選択肢があります。

任意整理とは、利息や遅延損害金を減額してもらい支払総額を減らす処置です。債権者との直接交渉によって行われます。

個人再生とは、借金額を5分の1から10分の1まで減額してもらう処置です。国の広報誌「官報」に債務整理をした情報が載ります。

自己破産とは、借金の返済を全額免除してもらう処置です。20万円以上の財産は処分され、返済に充てられます。

債務整理は返済総額を減らせる一方、クレジットカードが作れなくなったり信用情報に事故情報が載ったりとデメリットがあります。また弁護士に相談したりと手間もかかります。債務整理をしないですむように、返済計画を立てて消費者金融から借り入れをするようにしましょう。

消費者金融の返済に遅れてどうしても返せない場合は、債務整理を検討しましょう。

まとめ

・消費者金融の返済に遅れたら、最終的に差押えの強制執行をされる可能性がある
・手遅れになる前に消費者金融に相談する
・どうしても返せない場合は債務整理を検討する

消費者金融の返済に遅れたら「延滞損害金の発生」、「一括返済の要求」、「差押えの強制執行」と3段階に処置が進んでいきます。どの段階でも債務者にとってデメリットが生じるため、返済に遅れそうと思った段階で消費者金融に相談することが重要です。

どうしても返せない場合は債務整理を検討します。しかし債務整理には様々なデメリットがあるため、あらかじめ返済計画を立ててから消費者金融から借り入れをするようにしましょう。