キャッシングの申し込みに保証人や連帯保証人は必要?

「お金が足りないのでキャッシングを利用したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。しかし保証人や連帯保証人を頼むことが難しく、利用を諦めている場合もあるはずです。

この記事では、キャッシングの申し込みに保証人や連帯保証人は必要なのか、詳しく解説します。担保が必要かどうかも解説するため、ぜひ最後までご覧ください。

①キャッシングの申し込みに保証人や連帯保証人は必要ない
②キャッシングの申し込みに担保も必要ない
③保証人が必要のないメリットとデメリットを知る

キャッシングの申し込みに保証人や連帯保証人は必要?

結論から言うと、キャッシングの申し込みに保証人や連帯保証人は必要ありません。同じく、担保も必要なく借りることが可能です。

ローンには様々な種類がありますが、キャッシングは「無担保ローン」に当てはまります。無担保ローンは無担保・無保証人でお金が借りられるかわりに、借り手の信用力が問われます。

借り手の信用力とは、借り手の返済能力を意味します。安定した収入があるかどうか、過去に金融事故を起こしていないか、キャッシング業者は多角的に借り手の信用能力を調査します。そのために行われるものが審査です。

キャッシングの申し込みに、保証人や連帯保証人は必要ありません。

保証人がいないメリット

キャッシングで保証人がいないメリットは、以下のとおりです。

  • 保証人を探す手間が省ける
  • キャッシングがバレにくい
  • 借り入れまでの時間が短い

それぞれのメリットについて、解説します。

保証人を探す手間が省ける

保証人がいないメリット1つ目は、保証人を探す手間が省けることです。

保証人とは、借り手がお金を返せなくなった際に代わりに返す役割を持つ人です。保証人にとって借り手が返せなくなった時のリスクは大きく、多くの人が保証人になることを嫌がります。そのため保証人探しは難航することも多く、借り手にとって大きな負担となります。

しかしキャッシングであれば保証人を探す必要がないため、申し込み時の精神的負担・時間的負担を軽減できます。

キャッシングがバレにくい

保証人がいないメリット2つ目は、キャッシングがバレにくいことです。

保証人がいると、保証人からキャッシングが周囲にバレることがあります。キャッシングを家族や知人、職場の人に隠したいと考える人は多いため、大きなメリットといえるでしょう。

借り入れまでの時間が短い

保証人がいないメリット3つ目は、借り入れまでの時間が短いことです。

保証人がいる場合、借り手の審査に加えて保証人の審査も行われます。単純計算で2倍の時間がかかるため、申し込みから借り入れまでの時間が長くなってしまいます。

しかし保証人がいなければ、1人分の審査だけですみます。そのためキャッシング業者によっては、最短30分程で即日融資を受けられる場合もあります。

保証人がいないメリットは、保証人を探す手間が省ける・キャッシングがバレにくい・借り入れまでの時間が短いの3つです。

保証人がいないデメリット

保証人がいないデメリットは、以下のとおりです。

  • 融資のお金が少ない
  • 自己責任で借りることになる

2つのデメリットについて、解説します。

融資のお金が少ない

保証人がいないデメリット1つ目は、融資のお金が少なくなることです。貸し手は貸し倒れリスクを軽減するために、融資額を低くする傾向にあります。また、融資額が低いため金利は高く設定されていることが多いです。

しかし借り入れを繰り返すことで、信用力が上がっていきます。徐々に融資額が高くなり、金利が下がっていくことが多いです。

自己責任で借りることになる

保証人がいないデメリット2つ目は、自己責任で借りなければならないことです。

保証人がいれば、借り手が返済できなくなった際に代わりに返済してくれます。しかしキャッシングの場合、自身で全て返済しなければなりません。そのため、返済不能に陥らないように計画的にキャッシングすることが重要です。

保証人がいないデメリットは、融資のお金が少ない・自己責任で借りなければならないの2つです。

まとめ

・キャッシングの申し込みに、保証人や連帯保証人は必要ない
・保証人がいないメリットは、保証人を探す手間が省ける・キャッシングがバレにくい・借り入れまでの時間が短いことの3つ
・保証人がいないデメリットは、融資のお金が少ない・自己責任で借りなければならないことの2つ

キャッシングの申し込みに、保証人や連帯保証人は必要ありません。キャッシングは担保も保証人も必要ない、無担保ローンに当てはまります。

保証人がいないメリットは、保証人を探す手間が省ける・キャッシングがバレにくい・借り入れまでの時間が短いことの3つです。デメリットは、融資のお金が少ないこと・自己責任で借りなければならないことの2つです。メリット・デメリットを理解した上で、キャッシングを利用するようにしましょう。