キャッシングの即日返済とは?借りてすぐ返すメリットや金利について

キャッシングでお金を借りて思ったより利息がかかり、返済に困った方もいるのではないでしょうか。キャッシングの借入金には金利が設定されていて、通常、借りた金額よりも多くの返済額が必要です。

確かに業者もボランティアではないため、多くのお金を返さなければなりません。とは言ってもできる限り返済額を押さえたいですよね。そんな時は「即日返済」がおすすめです。

この記事では、即日返済をするメリットについて詳しく紹介します。

①キャッシングの金利とは何か
②キャッシングで即日返済するメリット
③キャッシングで即日返済する際の注意点

キャッシングの金利とは?

キャッシングの「金利」とは、借り入れた金額に対する「利息」や「利子」の割合を示します。金利と利息(利子)の関係は、以下の式で求められます。

利息(利子)=元本×金利

通常、お金を借り入れると利用料として「利息」や「利子」が発生します。そのため、債務者は最初に借り入れた元本と共に、利息や利子を返す必要があるのです。

つまり、返済額を減らすためにはできる限り利息や利子を減らす必要があり、そのためにも金利は低ければ低いほど良いのです。

キャッシングの金利とは、借入金に対する利息や利子の割合のことです。

即日返済するメリット

キャッシングで即日返済するメリットは、利息が少なくなることです。

通常、キャッシングの返済には「キャッシングの借入額+利息」を支払う必要があります。しかし即日返済した分に関しては「キャッシングの借入額」のみを返済することになり、利利息分の返済を抑えることができます。

なぜ即日返済した分に関して利息がかからないのでしょうか。理由は、お金を借り入れた翌日から金利計算が始まるためです。

利息は、以下のように計算されます。

利息=借入金額×金利÷365(うるう年の場合366)×利用日数

つまり利用日数が0日の場合、金利計算が行われず利息も発生しないのです。

また借入金は、必ずしも即日に全額返済する必要はありません。全額返済した場合、もちろん一切利息を支払う必要がなくなります。しかし少額でも即日返済した場合、残った借入金に対して金利計算が行われるため、トータルの返済額は減ります。

即日返済すると、金利計算が始まらず利息がかかりません。少額でも良いので即日返済することがおすすめです。

即日返済する際の注意点

即日返済する際の注意点を紹介します。

返済する時間に気を付ける

即日返済する場合は、時間帯に注意する必要があります。キャッシング業者ごとに、営業時間が異なります。営業時間を超えて返済した場合、翌営業日の返済扱いになり即日返済が適応されない場合があるのです。そうすると、利息が1日分かかってしまいます。

確実に即日返済するためにも、必ずキャッシング業者の営業時間を確認してから振込しましょう。また振込先の金融機関と異なる金融機関を利用した場合、振込まで時間がかかることがあります。

返済手数料に気を付ける

即日返済には利息はかかりませんが、返済手数料は必要です。返済手数料は各キャッシング業者、また返済方法によって異なります。また返済金額によっても返済手数料は変わるため、利息分が足りないといったことがないようにあらかじめ確認しておきましょう。

キャッシング業者の中には、返済手数料を0円に設定しているところもあります。自社ATMやネットバンキングを利用した場合、手数料がかからないといったものです。少しでもお金を手元に残すため、返済する媒体にも気を付けましょう。

即日返済する際は、返済時間と返済手数料に気を付けることをおすすめします。

まとめ

・キャッシング金利とは借入金に対する利息や利子の割合のこと
・即日返済することで利息を減らすことができる
・即日返済時には時間帯と手数料に気を付ける

キャッシングにおける金利とは、借入金に対する「利息」や「利子」の割合を指します。金利計算は、お金を借り入れた翌日から始まります。そのため即日返済すると、利息がかからず借入金のみ返済すれば良いのです。

また、必ずしも全額を即日返済する必要はありません。少額でも返済しておけば、トータルの返済額は少なくなります。

即日返済する場合、時間帯と手数料に気を付けることがポイントです。少しでもトータルの返済額を減らすために、注意点を踏まえて即日返済してみて下さい。