キャッシングのローンの審査が通らない理由とは?

キャッシングローンを利用するためには審査に通らなければいけません。

しかし、申込をしても審査で落とされてしまったという人は存在します。

自分がキャッシングローンに申込をしても落ちるのではないかと不安になる人は多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではキャッシングローンの審査に通らない理由と審査に通るコツについて解説します。

① キャッシングローンの審査に通らない理由
② キャッシングローンの審査に通るためのコツ
③ キャッシングローンのおすすめ業者

キャッシングのローンの審査に通らない理由

キャッシングローンの審査に通らない主な理由は以下の通りです。

  • 安定した収入がないから
  • 総量規制をオーバーしているから
  • ブラックリストに入っているから
  • 提出書類に問題があるから
  • 在籍確認ができないから

それぞれの理由について詳しく説明しましょう。

安定した収入がないから

キャッシングローンの条件は安定した収入があることです。

安定した収入がないと返済能力がないとみなされて審査に落とされてしまいます。

安定した収入の明確な基準は存在しません。

一般的には毎月一定以上の収入を確保していれば、返済能力があると評価されます。

総量規制をオーバーしているから

貸金業者は総量規制により年収の1/3以上の貸付をしてはいけないというルールがあります。

これは複数の貸金業者の借入の合計額を対象とするものです。

審査の際に貸金業者は申込者の借入状況を正確に把握できるため、総量規制にオーバーしていることが判明すれば審査に落ちます。

ブラックリストに入っているから

過去に金融機関との取引においてトラブルが生じた場合は信用情報に記録されます。

いわゆるブラックリスト入りした状態であれば、審査でとても不利になるのです。

過去に返済を延滞したことがあれば、ブラックリスト入りしています。

返済を1ヶ月滞納しただけでも問題視されるため注意しましょう。

提出書類に問題があるから

キャッシングローンの申込の際に提出した書類に問題があると審査で落とされる可能性があります。

書類に不備がある、書類の内容に誤りがあるといったケースです。

在籍確認ができないから

どんなキャッシングローンでも必ず在籍確認を行います。

在籍確認は勤務先で働いていることを確認するためのものです。

電話か書類によって在籍確認が行われます。

キャッシングのローンの審査に通るコツ

キャッシングローンの審査に通るためのコツは以下の通りです。

  • 提出書類に誤りがないようにする
  • 希望金額をできるだけ低くする
  • 在籍確認の対策を考えておく

キャッシングローンの審査に通るためのコツについて紹介します!

提出書類に誤りがないようにする

事前にしっかりと提出書類について確認をして、正確に書類を揃えましょう。

提出書類の不備があると再提出を求められることがあります。

また、申請内容は必ず正確な内容にすることが大切です。

申請内容に誤りがあると悪質な行為であると判断されて審査ですぐに落とされる可能性があります。

希望金額をできるだけ低くする

借入希望金額が高いほど審査が厳しくなります。

必要最小限の金額を希望すると良いでしょう。

希望金額をできるだけ低くすることでスムーズに審査に通るようになります。

また、希望金額については総量規制にも注意してください。

在籍確認の対策を考えておく

在籍確認がきちんと行われないと審査に通らないです。

電話による在籍確認については、勤務先がきちんと電話を取ってくれれば問題ありません。

ただし、在籍確認の電話でキャッシングの申込がバレることを恐れる人も多いでしょう。

その場合は、書類による在籍確認に対応してくれる業者を利用すると良いです。

収入証明書などを提出することで在籍確認が行われます。

キャッシングローンの業者を紹介

おすすめキャッシングローンの業者は以下の5社です。

  • プロミス
  • SMBCモビット
  • アイフル
  • 三井住友カードのカードローン
  • プロミスレディース

それぞれの業者は多くの人が利用している消費者金融です。

即日融資や簡易審査、Web完結などに対応しているため、便利に利用できます。

おすすめ業者から自分に合った業者を選びましょう。

まとめ

● さまざまな理由で審査に落ちることがある
● 希望金額を低くする、提出書類の誤りを防ぐなどで審査に通りやすくなる

キャッシングローンの審査はさまざまな理由で落ちてしまいます。

ブラックリスト入りしていた、総量規制をオーバーしていた、収入が安定していないなどの理由で落とされるのです。

キャッシングローンの審査に通りたいならば、提出書類の誤りを防ぐ、希望金額を低くするといった対処をしましょう。