初心者向け!キャッシングの仕組みをわかりやすく解説

「キャッシングを利用してお金を借りたい」そのように考える人は多いです。しかし仕組みが分からず、キャッシングの利用に踏み切れないと困ってしまいますよね。

この記事では、初心者に向けてキャッシングの仕組みを分かりやすく解説します。キャッシングの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

①キャッシングとは何か?
②キャッシングの流れとは?
③キャッシングに必要なものとは?

そもそもキャッシングとは?

キャッシングとは「現金が借り入れられるサービス」の総称です。無保証人・無担保でお金が借りられるため、困ったときに頼りになります。

キャッシングには、大きく分けて「銀行系キャッシング」と「消費者系キャッシング」、「クレジットカード系キャッシング」の3つの種類があります。それぞれの特徴は、以下のとおりです。

キャッシングの種類特徴
消費者金融系キャッシング融資までのスピードが速い
借入・返済の方法が豊富
金利はやや高め
銀行系キャッシング金利が低め
借入上限額が高め
審査が厳しい
クレジットカード系キャッシングクレジットカードに付帯されていることも多い
海外でも利用できる場合がある
金利が高い

キャッシングとは、現金が借り入れられるサービスを指します。

キャッシングの流れは?

キャッシングの流れは、各キャッシング業者によって異なります。一般的な流れは、以下のとおりです。

  1. 申し込み
  2. 仮審査
  3. 必要書類提出
  4. 本審査
  5. 契約
  6. 借入
  7. 返済

キャッシングの審査には、2つの種類があります。仮審査では審査する項目を数値化し、機械に判断します。本審査では、人の目を使って仮審査よりも厳格に審査を行います。

どちらの審査も通過しなければ、キャッシングは利用できないため注意が必要です。

キャッシングを利用するためには、審査に通過する必要があります。

キャッシングに必要なものは?

キャッシングに必要なものを、申し込み時に必要なもの、キャッシング時に必要なものの2つに分けて紹介します。

申し込み時に必要なもの

キャッシングの申し込みに必要なものは「本人確認書類」です。本人確認書類として、以下のようなものが挙げられます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

また、高額キャッシングを希望する場合は「収入証明書」も用意する必要もあります。収入証明書として、以下のようなものが挙げられます。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書
  • 賞与明細書

「申し込みに必要な書類が揃わない」というようなことがないように、あらかじめ用意しておきましょう。

キャッシング時に必要なもの

キャッシング時に必要なものは、各キャッシング業者やキャッシング方法によって異なります。

銀行系キャッシングや消費者金融系キャッシングの場合「ローンカード」が必要となる場合が多いです。

クレジットカード系キャッシングの場合「クレジットカード」が必要です。ローンカードやクレジットカードを銀行ATMやコンビニATMに入れることで、近くのATMから手軽にキャッシングができます。

しかしキャッシング業者の中には、カードが必要のない「カードレス」でキャッシングサービスを展開しているところもあります。カードレスであれば、カード紛失やカードによるキャッシングがバレるリスクを抑えることが可能です。カード管理をしたくない方は、カードレス対応のキャッシング業者から融資を受けることをおすすめします。

キャッシングに必要なものは、申し込み時・キャッシング時で異なります。

まとめ

・キャッシングとは、現金が借り入れられる便利なサービスを指す
・キャッシングを利用するためには、仮審査と本審査に通過する必要がある
・キャッシング時に必要なものを揃えておく

キャッシングとは、必要な時に現金が借り入れられるサービスを指します。無保証人・無担保で融資が受けられるため、困った時に頼りになります。

キャッシングを利用するためには、仮審査と本審査、2つの審査に通過する必要があります。また、キャッシング申し込み時には「本人確認書類」が、キャッシング利用時には「キャッシング用のカード」が必要になるため注意してください。