簡単!キャッシングの申し込み方法・流れを解説

「キャッシングを利用したいけど申し込み方法が分からない」そんな風に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。初めてキャッシングを利用する際、分からないことだらけで不安ですよね。

この記事では、キャッシングの申し込み方法や流れについて解説しています。必要な書類についても解説するため、キャッシング初心者の人は参考にしてみてください。

①キャッシングの流れを知る
②キャッシングの申し込み方法を知る
③キャッシングで必要なものを知る

キャッシングの流れ

キャッシングの申し込みから融資までの流れは、以下のとおりです。

  1. 申し込み
  2. 仮審査
  3. 本審査
  4. 契約
  5. 借り入れ
  6. 返済

それぞれの流れについて、詳しく解説します。

申し込み

まずはキャッシングの申し込みを行います。キャッシング業者によって申し込み方法は異なりますが、代表的なものとして以下が挙げられます。

  • インターネット
  • 店舗
  • 電話
  • 郵送

また、キャッシングの申し込みには本人確認書類の提出が必要です。本人確認書類として、以下のものが求められる場合が多いです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

本人確認書類を提出する際は、有効期限内であること・住所が変わっていないことを確認するようにしましょう。

仮審査

申し込みが終わったら、仮審査が行われます。

申し込み時に記入された情報を元に、各キャッシング業者の基準に基づいてコンピュータが審査を行います。仮審査において、申込者が行うアクションはありません。

本審査

仮審査に通ったら、本審査です。本審査では、申請内容に間違いや虚偽の内容はないか、身分証明書は本人のものかなど、人の手で細かくチェックが行われます。

本審査の際、ポイントとなるのが「在籍確認」です。在籍確認とは申込者が実際に職場で働いているのか確認するために行われるもので、職場に電話をかけることが一般的です。キャッシング業者名ではなく個人名で電話がかかってくることがほとんどのため、キャッシングが職場にバレる心配はありません。

契約

本審査も無事に通過したら、キャッシング業者と契約を結びます。金利や借入限度額など、借り入れ条件に納得がいってから契約するようにしましょう。

なお「Web完結サービス」を展開しているキャッシング業者であれば、Web上で契約を結べます。わざわざ店舗に行ったり書類を郵送したりする必要がなく便利です。

借り入れ

契約後は借入限度額の範囲内で、自由に融資を受けられます。借入方法はキャッシング業者によって様々ですが、以下の方法を利用できる場合が多いです。

  • 口座振り込み
  • キャッシング業者ATM
  • 銀行ATM
  • コンビニATM
  • スマホアプリ

借入方法によって手数料や利用条件が異なるため、より有利になるものを選択するようにしましょう。

返済

返済方法も、キャッシング業者によって異なります。よくある返済方法として、以下のものが挙げられます。

  • インターネットバンキング
  • キャッシング業者ATM
  • 銀行ATM
  • コンビニATM
  • スマホアプリ
  • 銀行振込
  • 口座振替

基本的に返済は毎月決まった日にちに行いますが、忘れた場合遅延損害金が発生する場合があります。通常より支払総額が増えてしまうため、注意が必要です。

また数か月間返済を行っていないと、返済を滞納しているとして信用情報に傷がつきます。信用情報に傷がつくと、クレジットカードの発行ができなかったりローンが組めなくなったりといったデメリットが生じる可能性があるため、返済は忘れないようにしましょう。

キャッシングの流れは「申し込み→仮審査→本審査→契約→借り入れ→返済」です。

まとめ

・キャッシングの流れは「申し込み→仮審査→本審査→契約→借り入れ→返済」
・申し込み方法には、インターネット・店舗・電話・郵送などがある
・申し込みの際は本人確認書類が必要

キャッシングの流れは「申し込み→仮審査→本審査→契約→借り入れ→返済」です。申し込み方法はキャッシング業者によって異なりますが、インターネット・店舗・電話・郵送などを取り入れている業者が多いです。

申し込みの際、本人確認書類が必要です。有効期限内であること・住所が変わっていないことを確認してから本人確認書類を提出するようにしましょう。