消費者金融と銀行系カードローンの違いとは?特徴やメリット・デメリット、それぞれの代表的な業者比較

「お金を借りたい」と考える方が利用できるサービスとして消費者金融と銀行系カードローンの2つの選択肢があります。

それぞれ具体的にどういった違いがあるのかよくわからないという人は多いのではないでしょうか。

消費者金融と銀行系カードローンは特徴が異なり、メリット・デメリットに違いがあります。

この記事では消費者金融と銀行系カードローンの違いについて詳しく解説します

それぞれの特徴からメリット・デメリットまで詳しく説明するため、どこでお金を借りるのか決める際の参考にしてください。

①消費者金融と銀行系カードローンの違いは?
②消費者金融と銀行系カードローンのメリット・デメリットをチェック
③代表的な消費者金融と銀行系カードローンを紹介

消費者金融と銀行系カードローンの違い

消費者金融とは下記のような特徴のある業者のことです。

  • 貸金業法の対象となる貸金業者
  • 総量規制の対象となり利用限度額は年収の1/3まで
  • 保証会社という概念がない

消費者金融は貸金業法によって定義されている貸金業者です。貸金業者は銀行とは異なる存在であり、区別するためにノンバンクと呼ばれています。総量規制の対象であり、利用限度額は年収の1/3までです。
また、銀行とは異なり保証会社という概念はなく、消費者金融は自社で審査をして、貸し倒れなどのリスクも自社で負っています。そのため、銀行より消費者金融の方が金利は高いです。

銀行系カードローンの特徴は下記のようにまとめられます。

  • 銀行法の対象であり総量規制はない
  • 保証会社がバックについている
  • 即日の借り入れは不可能

銀行系カードローンは銀行法の対象となるサービスであり総量規制はありません。保証会社がバックについているのが特徴であり、債務者が返済不能のときには保証会社が代わりに返済します。そのため、銀行にとってリスクが少なく金利を低く設定することが可能です。
また、銀行系カードローンは審査の際に警察庁データベースで照会フォローするという手続きを挟むため、最短でも審査完了は翌日になります。即日の借り入れは不可能です。

消費者金融と銀行は根拠となる法律が異なっているのです。

消費者金融と銀行系カードローンのメリット・デメリット

消費者金融と銀行系カードローンのメリット・デメリットをまとめた表を作成しました。

メリットデメリット
消費者金融・即日融資が可能・審査が緩い・返済方法の自由度が高い・金利が高い・総量規制の影響を受ける
銀行系カードローン・金利が低い・限度額が高い・即日融資ができない・審査が厳しい・返済方法が限られている

消費者金融は比較的審査が緩くて即日融資が可能です。返済日や返済サイクルを自由に設定できるなど、消費者金融の方が返済方法の自由度が高い傾向にあります。ただし、消費者金融は総量規制の影響を受けて年収の1/3までしか借りられず、金利も高く設定されているなどデメリットもあるのです。

銀行系カードローンは金利が低く、限度額は高いという点がメリットといえます。ただし、即日融資はできず、審査は厳しいです。返済方法があまり充実していない点もデメリットといえます。

消費者金融と銀行系カードローンのメリット・デメリットを踏まえた上で選びましょう。

消費者金融の代表的な業者

消費者金融を代表する業者はプロミス、SMBCモビット、アイフル、三井住友カードのカードローン、プロミスレディースです。

消費者金融の代表的な業者について、それぞれ簡単に特徴を紹介します。

プロミス

プロミス

プロミスの特徴

プロミスは日本の大手消費者金融・カードローン業者です。東京都に本社を構え、現在は日本全国に無人店舗を構えています。フリーキャッシング、レディースキャッシング、おまとめローン、自営者カードローン、目的ローンなど、大手ならではの多彩な商品を提供しています。 ※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。 ※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

金利
審査スピード
顧客対応

プロミスは大手消費者金融です。30日間無利息サービスを提供しています。初回出金の翌日より30日間は無利息であり、30日以内に返済すれば利息がかかりません。限度額最大500万円のフリーキャッシングやおまとめローン、レディースキャッシングなど豊富な商品を展開しています。

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットは、日本の大手消費者金融・カードローン業者です。東京都に本社をおき、現在は三井住友銀行内にあるローン契約機でお申込みが可能。最短で申し込み日に融資、書類で在籍確認ができる、独自のTポイントサービスがある、といった特徴があります。 ※申し込み日(即日)の融資については申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります※

金利
審査スピード
顧客対応

みんなのクチコミ

  • 在籍確認の電話がないのはすごく助かります!バレずに借りれる・・・。
  • Tポイントサービスがあるのは、ここだけの特徴かもしれませんね。お得です。
  • 本当に即日融資が受けられました!

SMBCモビットは即日融資に対応している消費者金融です。ネットで24時間いつでも申し込み可能であり、申込後すぐに簡易審査結果が表示されます。限度額は800万円であり、実質年率は3.0%〜18.0%です。提携ATMが全国に約12万台(※2022年4月現在)あり、最寄りのコンビニや銀行などで利用できます。

アイフル

アイフル

アイフルの特徴

アイフルは日本の大手消費者金融・カードローン業者です。京都市に本社を構え、現在は日本全国に無人店舗を構えています。 キャッシングローン、ファーストプレミアムカードローン、SuLaLiの3種類のサービスがあり、目的に応じて選択できます。

金利
審査スピード
顧客対応

みんなのクチコミ

  • 最大30日間利息0円を受けられるなら受けたほうがいいと思います。
  • YoutubeとかでCMよく見かける。やっぱり大手を使えば間違いはない。中小は怖い。
  • 女性でちょっとした額の借り入れならSuLaLiがおすすめ!

アイフルは大手消費者金融であり、個人向けの商品を多数揃えているのが特徴です。キャッシングローン、ファーストプレミアムカードローン、SuLaLiといった商品があります。キャッシングローンは利用限度額が800万円であり、実質年率3.0%〜18.0%の条件で利用可能です。キャッシングローンをはじめて利用する方は最大30日間の利息が0円になります。

プロミスレディース

プロミスレディース

プロミスレディースの特徴

プロミスレディースは日本の大手消費者金融・カードローン業者であるプロミスが展開する女性専用の商品です。主婦の方でもOK。女性専用ダイヤルもあり、キャッシングが初めての女性でも安心です。 ※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。 ※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

金利
審査スピード
顧客対応

みんなのクチコミ

  • プロミスと同じで無利息期間があるのは嬉しい!
  • 女性オペレータが対応してくれて優しくて安心した!
  • 低賃金派遣の主婦だけで全然審査通った!収入少なくても毎月給料が入っていればいいみたい?

プロミスレディースはプロミスが女性向けに展開している商品です。基本的な点はプロミスと共通しています。女性が利用しやすい環境を整えており、女性専用ダイヤルを利用可能です。限度額は500万円までであり、借入利率は4.5%〜17.8%となっています。

カード会社の提供するカードローン

消費者金融とは少しジャンルの異なるカード会社が提供するカードローンとして三井住友カードのカードローンを紹介します。

基本的な特徴は消費者金融と共通している部分が多いです。

三井住友カードのカードローン

三井住友カードのカードローンは三井住友カード株式会社の提供するカードローンサービスです。カードタイプと振込専用タイプを用意しています。カードタイプは金利設定が1.5%〜15.0%であり、利用枠は900万円までです。振込専用タイプはカードや郵送物なしでWebからいつでも申し込みできます。

代表的な業者のサービス・金利を比較

代表的なカードローンの業者についてサービスや金利を以下にまとめました。

借入利率(実質年利)利用枠その他
プロミス4.5%~17.8%(フリーキャッシング)500万円まで(フリーキャッシング)30日間無利息サービス
SMBCモビット3.0%~18.0%800万円まで10秒で簡易審査結果表示
アイフル3.0%~18.0%(キャッシングローン)800万円まではじめての利用で最大30日間無利息
三井住友カードのカードローン1.5%~15.0%(カードタイプ)900万円までカード・郵送物なしの振込専用タイプを利用可能
プロミスレディース4.5%~17.8%500万円まで女性専用ダイヤルを利用できる

各業者の違いをよく理解してから選びましょう。

まとめ

● 消費者金融と銀行系カードローンは法律が異なる
● 消費者金融は審査が緩く即日融資を受けられるが金利が高い
● 銀行系カードローンは審査が厳しいが金利が低く限度額が高い

消費者金融と銀行系カードローンは異なる法律で規制されています。消費者金融は総量規制の対象であり、限度額は年収の1/3になる点に注意しましょう。また、消費者金融は審査が緩くて即日融資を受けることができる点がメリットで金利が高い点がデメリットです。

一方、銀行系カードローンは審査が厳しいのですが、金利が低く限度額が高く設定されています。

これからお金が欲しいと困っている方は消費者金融と銀行系カードローンの違いをよく理解して最適なサービスを利用しましょう。